二上山を登山する

金剛山地の北端で、雄岳。雌岳の二つのお山が、二上山

雄岳の山頂には日時計があり、ここからは大阪方面、そして反対の奈良方面の眺望が開けてすばらしかった。


d0048350_22123794.jpg
 昨日の雨がうそのように晴れて、登山最適!山麓には寒牡丹で知られる石光寺など、名所、旧跡。二上山の山頂には、大津皇子の墓があり、今に、その悲史を伝え、歴史探訪や自然観察にこと欠かない山
d0048350_2233290.jpg
d0048350_224221.jpg
小鳥ヤマガラが大好きなピーナツを小さくして待っていますとこのように食べにきてくれました。そのときの、嬉しかったこと・・・・帰ってからもまだ余韻がのこっています。
d0048350_2244373.jpg
頂上付近では尺八の練習にグループがこられていました。
d0048350_2245690.jpg
d0048350_225755.jpg
d0048350_22124615.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2007-01-22 22:32 | Trackback | Comments(6)

 「仲良し歩く仲間」今年の初歩きが今日。予定は登山だったのですが、(朝から雨が天気予報も一日雨でした。)山は危険なので、変更して普段歩かない道を歩くことにしました。

 家を出るときから、折りたたみでなく、普通の傘をさして、また雨もよいもので歩いている(他の人はアホかいな?とおもわれているか?も)我々は楽しいハイキング♪♪♪の一日でした。

いつもまにか?万代のスーパまでたどりつきました。また~桔梗ヶ丘までd0048350_20572442.jpgd0048350_20573530.jpg
d0048350_217862.jpgd0048350_2172814.jpg








最初はお天気でも途中に雨になる場合も・・・身体に覚えさせておかないと・・・・たのしい訓練で~~す。
[PR]
by saiko1027t | 2007-01-17 21:07 | Trackback | Comments(5)

 1月5日の、日本晴れに自宅午前7時出発する。
さあ~今年の初登山!
9時前に着。まず三上山の麓にある、御神神社(みかみじんじゃ)に初詣をすませました。

 三上山は低山ながら、なだらかな稜線を美しい姿から、富士山にも似て「近江富士」と多くの人々から親しまれています。
登山口は神社の近くから表登山口から・・・・

三上山は神体山とし、壮大な森の中にある国宝の本殿
d0048350_1442989.jpg
三上山(近江富士)は、近江湖南を代表の名山。秋は(9月末~11月)松茸山となるので、登山するのに、
¥500-が必要。しかし名人しか見つけられないとのこと・・・・年に2~3本ほど
d0048350_1444626.jpg
単独の山ですが、いのししがこの山だけに100頭はいるらしい・・・・です。
d0048350_145014.jpg
d0048350_1452663.jpg
d0048350_1453985.jpg
d0048350_1454768.jpg
頂上からの展望。比叡山が見える。
d0048350_1462190.jpg
三上山の頂上
d0048350_1464043.jpg
割れ石
d0048350_1465340.jpg

頂上付近は急坂が多く、汗が吹き出てきます。また巨岩、奇石があり、とても楽しい山でした。

山頂には、眼下の展望が澄み切った冬の空に、湖南の展望が満喫できしばらく休憩をとり、汗を拭いました。
[PR]
by saiko1027t | 2007-01-07 14:21 | Trackback | Comments(9)

安部文珠院を歩く

 初春を寿ぎ新年のお祝詞を申し上げます。
本年も何とぞよろしくお願いします。

 日本三大文殊中の一つとして知られる安部文珠院、奈良を歩く。

約8000株のパンジーで干支 「亥」を、黄、白、赤の3色で、縦20メートル、横25メートル
駆け上がる、イノシシを植「飛び跳ねる イノシシの姿は、飛躍と突進力のイメージ
d0048350_11512265.jpg
歩いていましたら、あまり見事な葉牡丹の寄せ植がありパチリ!と
d0048350_1151437.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2007-01-01 11:54 | Trackback | Comments(11)