d0048350_20285476.jpg
 歩く仲間18名で 今回は登山じゃなく、観光にいきました。往復 船の為に格安で・・・・・寝台付きですから、ゆっくりと休まれますし、よかったです。
 一人づつ、カプセルで独りづつ、テレビつきです。

d0048350_20212973.jpg
展望浴室 窓から動く海を見ながら
d0048350_20214435.jpg
朝8時過ぎの、湯布院散策もこのように静かなひととき、・・・2時間後には、バスが何台も止まり にぎやかになりびっくり!!!
d0048350_20215872.jpg
若い人に人気の観光地である湯布院にそびえる 「由布岳」頂上は霧氷が真っ白に下からでも見えました。また登りたい山。
d0048350_20224817.jpg
朝霧の金鱗湖 よく冷えて寒かった
d0048350_20225813.jpg
黒川温泉個性的な露天風呂
が24箇所もあり入場手形を首にぶらさげて露天風呂のはしごを楽しみました
d0048350_20232540.jpg
温泉玉子一個50円
d0048350_20233551.jpg
d0048350_20294638.jpgd0048350_20295839.jpg
[PR]
by saiko1027t | 2007-02-26 20:51 | Trackback | Comments(6)

冬の葛城山を登山する。

 古くは、北は竹内峠から、南は千早峠までの間を総称して「葛城山」と、また、修験道の開祖.役小角(えんのおづぬ)のゆかりのお山として知られています。

 山麓一帯には、古代のロマンが、におわされます。
春は 4月中頃はカタクリの花 5月は“1目100万本”でにぎわう山

 今はシーズンオフですが、やはり中高年のグループ何組か?出合いがありました。
葛城山(960M)山頂
d0048350_20265999.jpg
登山道目標物1~9まで
d0048350_2027138.jpg
びっくり? 熊?登山者のお供のわんちゃんでした。
d0048350_20272722.jpg
くじらの滝
d0048350_20273929.jpg
行者の滝(役の行者が修行した滝と説明あり
d0048350_20274966.jpg
d0048350_2028337.jpg
あまり 寒いので、ぜんざいとラーメンを・・・
d0048350_20281456.jpg
「冬眠中のつつじ」の風景 右手のお山が金剛山
d0048350_20284693.jpg
大和三山と山々
d0048350_20285723.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2007-02-18 20:43 | Trackback | Comments(7)

今回は家族旅行で、大阪南港~新門司港まで名門大洋フエリー新門司ICから唐津
までバス、 呼子港から~ 郷の浦港までまたフエリーあずさに・・・・

島についてからは、観光バスで とっても陽気な楽しいガイドさんで島巡り・・・・・ 

好天気に恵まれて、きれいな 透きとおるような海の景観を楽しめました。

昼の食事は 2月~3月限定の絶品 壱岐の「寒サワラの料理」最高!でした。
d0048350_19472894.jpg
d0048350_19475265.jpg
はらぼけ地蔵 海女で有名な八幡浦の海中に祀られている。満潮ときは、胸まで海水につかる。
d0048350_1948513.jpg
高さ50mの巨大な猿岩は壱岐のシンボル的存在。よくよくみると、まつげまでみえそうでした。
d0048350_1949664.jpg
d0048350_19491931.jpg
壱岐「サワラのおつくり」が、こんなに美味しいのか?と驚きました。
d0048350_19493374.jpg
原の辻遺跡 弥生時代の墓。
d0048350_19495047.jpg
船の窓から明石海峡大橋を眺めながら朝食・・・・・
d0048350_1958446.jpg
d0048350_19594231.jpgd0048350_2001248.jpg
[PR]
by saiko1027t | 2007-02-13 19:57 | Trackback | Comments(6)

 今日は、一番寒い日になると、昨日から何回も天気予報でニュースを・・・・・
でも駅に行きますと、12人が、毛糸の帽子をかぶり、さっそうと出発です。

 JR天理駅下車。小雪の中を、商店街を通り、石上神社まで、歩き休憩をとり、境内を通り抜け、山道に入り
桃尾の滝。山頂へめざす。帰りもまた石上神社へと~JR天理駅まで、今日もまあ~~よく歩け、いつものことですが、満足感の一日でした。


小雪の降る中を
d0048350_205751100.jpg
d0048350_2058244.jpg
「古今和歌集」にも詠まれている、桃尾の滝
d0048350_20581822.jpg
雪で滑りやすくなっている丸太橋を仲間で助け合い
d0048350_2111214.jpg
d0048350_20584591.jpg
頂上、流石に大国見。こだいの中心地、大和盆地が一望。
d0048350_20585870.jpg
杉の花が・・・もうすぐまた悩まされます。
d0048350_2059124.jpg
冷たい小雪のなかにかわいい花が・・・
d0048350_20592489.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2007-02-02 21:21 | Trackback | Comments(3)