「番外」 白浜温泉の旅

 日本三大古湯(白浜。有馬。道後。)に数えられるお湯処に行ってきました。~~~~
とっても「ええ湯だな~」でした。何度もお湯に・・・・(^o^)/

三段壁d0048350_21395163.jpgd0048350_2140536.jpg

千畳敷。 「医者いらず」キダチアロエd0048350_21404962.jpgd0048350_2141946.jpg

満開のキダチアロエと、まだ青紫のアサガオも元気に咲いていました。d0048350_21415485.jpgd0048350_21422094.jpg
[PR]
by saiko1027t | 2007-11-30 22:12 | Trackback | Comments(5)

4日間の九州縦断旅情

 大阪南港名門大洋フェリ~新門司港着~①青の洞門散策~②九重“夢”大吊り橋を往復歩いて渡る~③飯田高原~④菊池渓谷を散策~~⑤人吉散策
⑥人吉の永国寺の幽霊の掛け軸~⑦曽木の滝を散策~⑧霧島神宮参拝
⑨関の尾公園散策~~志布志港~ダイヤモンドフェリ 南九州航路で帰路に
d0048350_9525331.jpgd0048350_9531421.jpg

ノミと槌だけで30年かけて掘りぬいたと、トンネル・・逸話を元にして書かれた菊池寛の「恩讐の彼方に」この小説の中で命名された「青の洞門」d0048350_9543060.jpgd0048350_9553055.jpg

d0048350_9561734.jpgd0048350_9583925.jpg

九重“夢”大吊り橋 できて丁度1年に なったからもう待ち時間ないか?と思っていきましたがいまでも早くても1時間待ち・・・・高さ173M(日本一)長さ390M(日本一)
もちろん車椅子での通行可。想像よりすごく揺れた。d0048350_1064317.jpgd0048350_1071396.jpg

d0048350_1073655.jpgd0048350_1075938.jpg

熊本県の北部を流れる菊池川の水源地となっている渓谷。極めて優れた清流として名高い・・・・純粋に自然そのまま・・d0048350_10124896.jpgd0048350_10135011.jpg

人吉の永国寺。幽霊の掛け軸が有名。また明治10年の西郷隆盛が本陣として滞在。「人吉。仲良し。こころ良し」人々は人吉を訪ねてこの名句呼ばれて・・・人吉温泉で泊るd0048350_1017577.jpgd0048350_10172961.jpg

鹿児島県 曽木の滝 東洋のナイアガラといわれる滝でなかなかのもの・・・実物はスケールの景勝地であった。写真にはいつもながら、むずかしいです。
d0048350_1022060.jpg

d0048350_10224189.jpgd0048350_11181816.jpg

鹿児島県の霧島神宮参拝1866年春、新婚旅行の途中坂本竜馬と妻おりょうは霧島神宮を参拝d0048350_10255677.jpgd0048350_10261815.jpg

霧島神宮で有名な木「招霊木(オガタマのき)」巫女が持つ神楽鈴の原型となる実をつける木(丁度今 実が見られました)とまた、木の葉は1円玉の絵に、この木の葉が描かれています。d0048350_1027598.jpgd0048350_10282570.jpg

宮崎県都城市と鹿児島県のほぼ県境にある散策に最適なコース「関の尾公園」関の尾滝と甌穴(おうけつ)が有名。甌穴郡とは、岩の窪みの集まり国指定天然記念物。長い年月をかけて出来上がったもので、こんなに大規模なものは 世界でもめずらしい!!!そうです。d0048350_10354999.jpgd0048350_10362066.jpg

南港で出発はいつものお船でしたが、縦断の旅ですから(新門司港までは無理)帰りは鹿児島志布志港からダイヤモンドフエリーに大きすぎてお船の中は自由に散策していたら、自分の部屋を何回も解らなくなり・・・・・振動もまったく無いというぐらい・・・・・d0048350_10435995.jpgフロントと、部屋d0048350_1044236.jpg

d0048350_10451492.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2007-11-24 10:59 | Trackback | Comments(6)

 美旗地区に新田。大波田川をせき止めた大池から水を引いていましたが、大雨で決壊し遠く離れた、旧青山町高尾の出合いから、新たな水路を引きました。すばらしい土木技術を発揮!

 今日は美旗新田から、水路を辿って、高尾まで片道15~16キロを平坦な道のため、遊びながら歩きました。
秋は帰りは・・・日が暮れるのが早いので、 高尾からすずらん台に出て帰りました。
春の4月頃~6月ごろまでは、田んぼに水が入るときは、水路も水がいっぱいでまた景色が違い、目を楽しませてくれます。また春が待ち遠しいです。再度お気に入りのコース挑戦します
*みずみずしく光沢がある、赤い実の蔓りんどう
d0048350_21493225.jpg


スタートは美旗新田の水路から、165号線の鉄橋を渡り高尾に向かうd0048350_2142791.jpgd0048350_21422114.jpg

伊賀のゴルフ場を横切りd0048350_21425516.jpgd0048350_21431342.jpg

d0048350_21433860.jpgd0048350_21435783.jpg

とにかく山々の中水路を必ず横から離れずに歩くのに注意!!!ゴールは青山の高尾に
・・・・(スタート~~~ゴールに5時間かかってしまいました。同じコースでは、暗くなるので、すずらん台に変更しました。)d0048350_21441896.jpgd0048350_21452087.jpg
[PR]
by saiko1027t | 2007-11-16 22:00 | Trackback | Comments(7)

 真っ青なお天気に秋の風情を楽しみに、奈良県の川上村と東吉野の村界を成す山
台高山脈の奥・・・・ブナの原生林に囲まれて 明神岳が静に立っていました。

 途中明神平は、以前スキー場があった広場は心が癒されました。
360度パノラマで展望は抜群!(^_-)-☆
明神平からの展望は良く、後ろの山は国見山 前の山は水無山
d0048350_19154084.jpg
落ち葉を踏みしめの登山は、柔らかくて足が疲れなくてとても楽しいで~~~す。
d0048350_1915587.jpg
前に見える山は冬に霧氷でにぎあう薊岳です。
d0048350_19161552.jpg
昨夜に雨が降ったのですごい水かさの明神滝を眺めながら・・・・
d0048350_20545674.jpg
台高山脈の山並みがとっても綺麗に見えました。
d0048350_19162793.jpg
明神岳の頂上
d0048350_19164352.jpg
下山の折にであったご夫婦は明神平でテントをはって寝袋でやすみ、また明日登山するとのこと!
d0048350_19165688.jpg
御影石とひのきを贅沢に使った、やはた温泉で疲れを・・・・・
d0048350_19172448.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2007-11-09 19:19 | Trackback | Comments(5)

 岩場を越えて( 紅葉にちょっと早いかな~とおもいましたが、)紅葉の丁度よい時期に主人と武平峠から、御在所に登りました。
中高年の方ばかりで 大阪や名古屋方面からの沢山のグループに出会いました。d0048350_191660.jpgd0048350_1912250.jpg

d0048350_1915698.jpgd0048350_1921477.jpg

d0048350_1923370.jpg
d0048350_1924750.jpg
岩場を越えて正面に鎌が岳がはっきりと見える。
d0048350_19373556.jpg
前方の山がさすが「鎌が岳」堂々たる姿・・・・・・・(^・^)
d0048350_1931692.jpg
d0048350_1933064.jpg
d0048350_1934115.jpg

きつい岩ですが、登りやすいように、順路を岩に○印や→をペンキで書いてくれています。


d0048350_1935673.jpg
d0048350_22352198.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2007-11-03 19:07 | Trackback | Comments(7)