5/26 ちょうど見ごろの情報で、シロヤシオを見に急におもいつき 主人と三峰山に登ってきました。真っ青な空で真っ白なお花が満開で自然に囲まれれた、最高に贅沢な一日でした。
山頂から八丁平に下ると、沢山の登山者でいっぱいだった。

途中に村有林の木にのぼり、枝うちをしている、おじさんに・・・命綱もしないで片手をしっかりと木につかみながら・・・びっくりしました。なんと79歳だとのこと。
d0048350_19265624.jpg
d0048350_1927611.jpg
d0048350_19271825.jpg
バイケイソウの群集
d0048350_19272987.jpg
トリカブトの群集
d0048350_19274241.jpg
d0048350_19275653.jpg
d0048350_19281193.jpg
d0048350_19283039.jpg
d0048350_19284359.jpg
馬酔木も満開
d0048350_1929254.jpg
d0048350_19292645.jpg
d0048350_19294144.jpg
d0048350_1930034.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2011-05-26 19:30 | Trackback | Comments(1)

 5/14百〇会から鳥見山コースだったのですが、用が重なり・・・残念!
5/16いつの仲間8名で同じ鳥見山を 歩いてきました。

いきなり・・・山藤がしなやかに揺れながら出迎えてくれています。
d0048350_20401959.jpg
「ギンリョウソウ」一見キノコの仲間のようだが、菌根植物 れきっとした草の仲間
d0048350_20403291.jpg
この鳥見山で見るツツジは、自然の姿で育てられているのが非常に気持ちがよい。しばらく時間のたつのを忘れて満開のツツジの間を散策しました。
d0048350_20481329.jpg
d0048350_20405564.jpg
かわいい ピンクのツツジ(*^。^*)
d0048350_2044824.jpg
ジェンベを(西アフリカの太鼓)まほろば湖で練習をしていた若者!本当にいい音だった!リュックの中はスカンポが収穫!
d0048350_20443631.jpg
「オドリコソウ」花の姿が笠をかぶった踊り子に似ているところから名前がついたそうです。
d0048350_2045275.jpg
d0048350_20451985.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2011-05-17 20:41 | Trackback | Comments(3)

 d0048350_21163821.jpgd0048350_21165138.jpg

d0048350_21172441.jpgd0048350_21173611.jpg

d0048350_21182861.jpgミニウツギの群集d0048350_21184555.jpg

d0048350_21191082.jpgd0048350_21192968.jpg

d0048350_212091.jpg見ごろの鬱金(うこん)八重桜d0048350_21205181.jpg

d0048350_2121228.jpg見ごろの御衣黄(ぎょいこう)八重桜。満開のオオテマリd0048350_21214383.jpg

d0048350_21225626.jpg藤の花.もちろん宝物展も入り説明付きで・・・d0048350_21231435.jpg

鬱金の八重桜。御衣黄の八重桜。d0048350_21234381.jpgd0048350_21235679.jpg

d0048350_2074499.jpgd0048350_2075878.jpg


[PR]
by saiko1027t | 2011-05-06 21:24 | Trackback | Comments(4)

 琵琶湖と鈴鹿山脈のちょうど中間くらいにある飯道山(はんどうざん)に主人と登る。
頂上からは鈴鹿の山並みと三上山がよく見えた。登山道はガレバが多く足が疲れました。d0048350_20463571.jpgd0048350_2046558.jpg

d0048350_20475420.jpgd0048350_2048137.jpg

飯道神社は、身体山の信仰から始まり行場があり、少しスリルのある鎖場や岩の中をくぐる胎内めぐりなど30分ほど一巡りでき鎖場や3点支持の練習になりました。d0048350_20485167.jpgd0048350_20491077.jpg

イワウチワの花が可憐に咲き心が和みました♪
d0048350_20495727.jpg
d0048350_2050812.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2011-05-03 20:58 | Trackback | Comments(1)