奈良盆地の東の山すそを、ぐねぐねと伸びる日本最古の道。懐かしくて豊かな自然が残るうえ、古墳や社寺がそこかしこにあり、長い道を歩くのにも楽しく時がゆっくりと流れて・・・・・・・・・

道沿いには、沢山の無人野菜販売所があり、地元の方たちが、丹精込めた野菜を個性的な「店がまえ」を・・・・・
ちょうど三輪神社は秋の大神祭後宴祭だったので、大勢の人だった!
d0048350_20453811.jpg
多肉植物で上手にリースにして店にだしてあった。
d0048350_20454531.jpg
ザクロ2個入って  100円
d0048350_20455350.jpg
ヘチマに蝉の抜け殻を・・・・
d0048350_2046157.jpg
d0048350_2046993.jpg
d0048350_20461768.jpg
四季さくらが可愛く咲いていました。
d0048350_20462952.jpg
14名の仲間たにのリュウサックの中はお土産でパンパン 重たいで~~す!
d0048350_20463974.jpg
石上神社で最後の休憩
d0048350_20464791.jpg
天理教はまた丁度 秋季大祭で すごい人ひとで混み合って・・・・・JR天理駅までの商店街が歩くのに大変でした。
d0048350_2046558.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2012-10-26 20:47 | Trackback | Comments(1)

10/13 早朝はすごく冷えたが 今日は絶好の登山日和♪
熊野古道の中でも一番人気のある峠を 百○会20名でご一緒にしていただきました。
紀北町と尾鷲市の堺となる峠 石畳と桧の美林の中に続いて 隙間のない見事な敷石の古道でした。
d0048350_2023135.jpg
d0048350_202397.jpg
海山側から登る。いきなり一面石畳の坂道を登る!
d0048350_20231837.jpg
一枚岩の立派な石橋
d0048350_20232676.jpg
ミカエリソウの花
d0048350_2023344.jpg
馬越峠 昔、茶屋があり小屋もある
d0048350_20234385.jpg
天狗倉山に登るここからはきつい登山道になりアップアップ~~~^
d0048350_20235186.jpg
天狗の住かのようにふさわしい雰囲気が漂いはじめる大岩が立ちふさがる。この岩を右に巻くと天狗倉山の山頂
d0048350_2024132.jpg
山頂の大岩には鉄梯子がかけられて上に登れるようになっている。
d0048350_20241088.jpg
上からは東紀州の町と海と山とが身近に展望できた
d0048350_20242050.jpg
下山の途中で、伊勢ずっと歩いてきたと言う、チョンマゲを結って上はTシャツで、
下は幅広いズボン昔の行者姿の29歳の若者に出会う。なんと8日間で奥駆道を歩き、
職場を一旦離れてまた新たの人生再スタートをとのことでした。気持よく話してくれました。
d0048350_20243096.jpg
ほんのいま登ってきました天狗倉山を眺める
d0048350_20244165.jpg
尾鷲神社の夫婦大楠
d0048350_2024519.jpg
紀北町海山区に伝わる、武勇種まき権兵衛の俗謡の里立ち寄る
d0048350_2025243.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2012-10-14 20:25 | Trackback | Comments(1)

東青山駅下車から円山草原まであるく。秋晴れの中11名の仲間で・・・・・・・・玉の汗をかきました。
青山高原の「ふるさと公園」にある 360度の視界がある丘!!!気持ちのよい展望場所。
アセビの丘で昼食を~~~。ススキの生い茂る円山草原へ、ここから東に見える風力発電の白い
プロペラが目立つ。
d0048350_9522374.jpg
d0048350_2022416.jpg
d0048350_9523491.jpg
太鼓橋を~
d0048350_9524613.jpg
d0048350_9525496.jpg
d0048350_9531140.jpg
眺めはことに雄大で伊勢平野。伊勢湾。大台ケ原などなどが楽しめました。
d0048350_9531793.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2012-10-09 09:53 | Trackback | Comments(1)

 アンコール遺跡:約30年をかけて建築されたクメール建築の傑作を歩いてきました。
ベトナムのホーチミンから乗り継ぎ カンボジア首都プノンペン空港へ。プノンペンから北西へバスで約6時間でシェムリアップへ アンコールワットは密林に囲まれ、その巨大さと造形美は圧倒!!!各国から多くの観光客でにぎわっていました。
この時期は雨季だとのことでしたが、ちょうど 観光の間は 降った後で、雨にはかからなくラッキーでした。
一つひとつの遺跡には、人々に伝えようとするメッセージが隠されているので自分の心に響く遺跡を探しました。長く眺めますと秘められた 謎がわかるような気がしました。
d0048350_2045243.jpg
d0048350_20451736.jpg
d0048350_20452277.jpg
d0048350_20453428.jpg
d0048350_20453821.jpg
タプロム:巨大な木の根が遺跡を覆う光景は圧巻!
d0048350_22185137.jpg
d0048350_20455466.jpg
d0048350_2046415.jpg
d0048350_20461198.jpg
d0048350_2046229.jpg
d0048350_22105185.jpg
d0048350_20464294.jpg
夕食はカンボジア宮殿舞踊アブサラダンスを見ながら、いただきました。
d0048350_20465225.jpg
廊に刻まれたレリーフの数々を見学!
d0048350_20471034.jpg

d0048350_2051366.jpg
d0048350_20551025.jpg

シェムレアプで連泊のホテル
d0048350_20222675.jpg
プノンペンのホテル
d0048350_20222811.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2012-10-01 20:47 | Trackback | Comments(2)