鹿鳴館で知られる建築家コンドルの設計で明治大正を代表する洋館。和館。
今年の秋に 仲間とご一緒にしていただくのに、下見に電車で一日を楽しく歩いてきました。
六華苑は入るなり、花嫁さん花婿さんと おめでたいことでした。
d0048350_19423162.jpg
d0048350_19423826.jpg
d0048350_19424550.jpg
d0048350_2032261.jpg
d0048350_19425471.jpg
d0048350_1943193.jpg
d0048350_1943846.jpg
d0048350_201422.jpg
d0048350_1943155.jpg
d0048350_19433168.jpg
レストラン「rocca]
d0048350_19433732.jpg
レストランの前には、バラが沢山に植えられてよく管理されていました。
d0048350_19434739.jpg
前には、揖斐川が住吉神社
d0048350_19582418.jpg
d0048350_19435662.jpg
d0048350_1944625.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2016-03-25 19:44 | Trackback | Comments(0)

 百笑会19名に連れていただきました。
樹々のしげみの中に石仏の宝庫!いたるところに美しい石仏がたたずんでいる。

 浄瑠璃寺はちょうど 馬酔木。もくれん。さんしゅうの花々が見事に咲き誇んでいました。
池をはさんで向かいに本堂と三重塔ともに国宝!
岩船寺はいかにも山寺といった趣のある古寺!
d0048350_16475585.jpg
d0048350_1648266.jpg
d0048350_1648913.jpg
d0048350_16481584.jpg
d0048350_16482370.jpg
d0048350_16483137.jpg
d0048350_16483841.jpg
d0048350_1648451.jpg
d0048350_16485294.jpg
d0048350_16485934.jpg
d0048350_1649586.jpg
d0048350_16491718.jpg
d0048350_16492510.jpg
d0048350_16493422.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2016-03-22 16:49 | Trackback | Comments(0)

 3/10 お天気に恵まれて 歩く仲間34名と 京都伏見稲荷 稲荷山山頂までと、城南宮を散策!
楽しいバスツアーを過ごさせていただきました。
d0048350_13523774.jpg
d0048350_13524684.jpg
d0048350_13525436.jpg
d0048350_1353181.jpg
d0048350_1353956.jpg
d0048350_13531783.jpg
おもかる石 願い事を心をこめて、石をかかえてみて、軽かったら願い事がかなえてくれる。重かったら、願い事がかなえにくい。
d0048350_13532478.jpg
d0048350_13533135.jpg
d0048350_13533917.jpg
城南宮のお庭散策!!!しだれ梅の下で、フキノトウが・・・・・・目の前に春が・・・・
d0048350_13534618.jpg
4/29
木漏れ日もやわらかな平安の庭ゆるやかに曲がりつながら一筋の鑓水の辺を雅かな「曲水の宴」の庭
d0048350_13535475.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2016-03-16 13:54 | Trackback | Comments(0)

 小川のせせらぎを聞きながら樹林の中を歩く。台風で倒木が多く 巡回路がたくさんあり、びっくり???
野生の鹿も お迎えて・・・・まだまだ 上手ではありませんが、鶯も さえずりもあちこちから・・・
d0048350_105047100.jpg
d0048350_10505561.jpg
d0048350_1051548.jpg
d0048350_10511516.jpg
d0048350_10512339.jpg
d0048350_10513828.jpg
d0048350_10515292.jpg
d0048350_1052059.jpg
ヌマスギ(落羽松)沼沢地を好み水湿地では根から多数の気根を出す。
d0048350_10521031.jpg
d0048350_1052184.jpg
d0048350_10523390.jpg
d0048350_10524489.jpg
d0048350_1053088.jpg
d0048350_1053916.jpg

[PR]
by saiko1027t | 2016-03-07 10:56 | Trackback | Comments(0)